【2021/10/10】OITAサイクルフェス!!! おおいたアーバンクラシック iRCサポートチーム結果/KINAN 山本大喜選手2位 スパークル孫崎選手4位

2021年10月10日、UCI1.2クラスとして「J:COM Presents OITAサイクルフェス‼!2021 三菱地所 おおいたアーバンクラシック」が大分県大分市、大分スポーツ公園周辺コースにて開催されました。

PHOTO:JCL

全13周、150.8kmで争われたレースは、最終周回にアタックで独走となったフランシスコ・マンセボ選手(マトリックスパワータグ)が優勝。2位にはKINAN Cycling Team山本大喜選手が入賞。また、地元スパークルおおいたレーシングチームでは孫崎大樹選手が集団の先頭でゴールし、4位となりチームで初のUCIポイントを獲得しました。

前日のクリテリウムに引き続き開催されたロードレース。UCIポイントを獲得できるレースとしては、5月に開催されていたツアー・オブ・ジャパン以来のものとなりました。大分スポーツ公園周辺の公道11.6kmを周回するレースは、細かいアップダウンの多いコースレイアウトとなっており、逃げ切り展開が発生やすいコースレイアウトとなっています。

出走したのは、ジャパンサイクルリーグの選手を中心とし、JBCFレースに出走するマトリックスパワータグ、愛三工業レーシングチームなど14チーム82名。(うちiRC TIREサポートライダー18名)

30℃近い暑さもあり、完走したのは39名となりました。レースでは序盤からアタックが頻発するも、逃げは確定せず、落ち着かない展開が続きました。後半に入った7周目、7名が先行。先行グループににメンバーを送り込めなかったチームが集団けん引を行うが、差は縮まらず、勝負は先頭の7名で争われることに。

PHOTO:JCL

途中、マンセボ選手のペースアップで先頭は崩壊し、マンセボ選手・小石佑馬選手(チーム右京相模原)・山本大喜選手の3名に絞られました。残り7km地点の登りで切れ味鋭いアタックしたマンセボ選手がそのまま2人を引き離しフィニッシュしました。

PHOTO:JCL

<おおいたアーバンクラシック リザルト>

1 フランシスコ・マンセボ(マトリックスパワータグ) 3:30’48”
2 山本大喜(キナンサイクリングチーム) +53″
3 小石祐馬(チーム右京相模原) +2’03”
4 孫崎大樹(スパークルおおいたレーシングチーム) +5’01”
5 阿曽圭佑(ヴィクトワール広島) +5’01”
6 伊藤雅和(愛三工業レーシングチーム) +5’01”
7 小林海(マトリックスパワータグ) +5’01”
8 トマ・ルバ(キナンサイクリングチーム) +5’01”
9 谷順成(那須ブラーゼン) +5’01”
10 小森亮平(マトリックスパワータグ) +5’01”

山本大喜選手コメント「今日は気温も暑くて、展開的にも厳しくとてもキツかったです。チームメートの協力もあり有力選手が乗った逃げに入れて、ベストな展開だったのですが、自分の力及ばずで悔しいです。力勝負で最後は負けてしまったのですけど、本当にマンセボ選手が強かったので、また次、勝てるように頑張っていきたいと思います。」

PHOTO:JCL

このレースレポートに関連する弊社製品(サポートチーム使用タイヤ)

FORMULA PRO TUBELESS (チューブレスタイヤのフラッグシップモデル)FORMULA RO TUBERESS READY(軽量のチューブレスレディモデル。シーラント要)