【2021/9/12】JCL第7戦山口 キナンサイクリングチーム山本大喜選手が優勝!

一般社団法人ジャパンサイクルリーグ(以下「JCL 」という)が主催する自転車ロードレース「三菱地所 JCL ロードレースツアー 2021 」その第 7 戦となる「秋吉台カルストロードレース」が 9 月 12日(日)、山口県美祢市のカルストロードを舞台に行われました。
1周 29.5km の周回コースは、フィニッシュライン前約 1.5km の急勾配区間「カルストベルグ」をはじめ、上り下りが連続する本格山岳コース。これを 4 周する 118.0km のレースは、最終局面に残った約 10 人の先頭集団が、最後のカルストベルグでの力勝負。これを山本大喜(キナンサイクリングチーム)が制して、自身 の JCL 初勝利を飾りました。山本はツアー個人ランキングでも首位に立ち、イエローのリーダージャージに袖を通しました。

iRC TIREサポートチームとして、キナンサイクリングチーム、スパークルおおいたレーシングチーム、さいたまディレーヴが出場しました。

喜びを爆発させる山本大喜選手
レース前半の見せ場を作った、山本元喜選手(写真左)と孫崎大樹選手(写真左より2番目)

JCLの公道レースでは初めてチームカーがレースに伴走し、美しいカルスト台地の風景とあわせて、本場欧州プロレースを思わせるレースの光景となりました。

優勝した、山本大喜選手のコメント
「前半からキナンサイクリングチームで攻撃する展開に持ち込め、ずっと有利な展開にすることができたのが勝因です。全員が勝ちを狙えるようなチ ームなので、最終局面まで (優勝を狙うエースは決まってませんでした。トマさんと兄(元喜)が逃げたときには 2 人に任せようかと思ったんですけど、最終局面で捕まって、チームのなかで脚が残っているのが自分だと分かったのでそこからチームメイトにアシストしてもらって、上り勝負で自分が行くという判断をしました。 那須 ブラーゼンの谷選手、 スパークル おおいたの宮崎選手が強くて、ベテラン選手の増田選手は実力も経験値も豊富なので最後、ゴールラインを切るまで 来る んじゃないかとびくびくしながら前だけを見て走り抜けました。 今シーズンは 上りで調子がよく、チームメイトも誰もが強くて、チーム一丸となって 1 勝でも多く勝ちたいと思います。」

【リザルト】
秋吉台カルストロードレース
118km 平均速度 38.60km/h
1 山本大喜(キナンサイクリングチーム) 3:03’23”
2 宮崎泰史(スパークルおおいたレーシングチーム) +6″
3 谷順成(那須ブラーゼン) +14″
4 増田成幸(宇都宮ブリッツェン) +19″
5 小石祐馬(チーム右京 相模原) +23″
6 佐藤宇志(那須ブラーゼン) +25″