NIPPO ビーニ・ファンティーニ、南米アルゼンチンで今季初戦を迎える

IRCがサポートするNIPPO ヴィーニ・ファンティーニが1月23日より南米アルゼンチンで開催されるブエルタ・ア・サンフアンに参戦!
7日間のステージレースはスプリンター向きのコース設定。
23歳の若手スプリンターのニコラス・マリーニ(171㎝、74㎏)をリーダーに、窪木 一茂、ダミアーノ・クネゴ、ジュリアン・アレドンド、リカルド・スタッキオッティ、イヴァン・サンタロミータが今季初戦に臨みます。
レースレポートが届き次第お届けします。
以下、NIPPO ヴィーニ・ファンティーニからのプレスリリース


NIPPO・ヴィーニファンティーニの2017シーズン初戦となるブエルタ・ア・サンフアンが1月23日にアルゼンチンで開幕します。第35回目を迎えた7日間のステージレースですが、今年から国際レース(UCI1クラス)に昇格し、4つのワールドツアーチーム、6つのプロコンチネンタルチームが出場。多くのトップ選手が顔を揃えるため、世界中から大きな関心を集めるレースとなっています。
NIPPO・ヴィーニファンティーニは、チームキャプテンのダミアーノ・クネゴがアルゼンチンのレースに初めて挑みます。また理学療法士やトレーナーとともにオフシーズンにじっくりと故障に向き合ったジュリアン・アレドンドが久しぶりにレース復帰します。また平坦ステージでは、ニコラス・マリーニのゴールスプリントに期待がかかり、そのために窪木一茂やリカルド・スタッキオッティが重要な役割を担います。


●NIPPO・ヴィーニファンティーニ 出場選手
窪木 一茂(日本)
ダミアーノ・クネゴ(イタリア)
ジュリアン・アレドンド(コロンビア)
ニコラス・マリーニ(イタリア)
リカルド・スタッキオッティ(イタリア)
イヴァン・サンタロミータ(イタリア)
監督:マリオ・マンゾーニ(イタリア)


窪木一茂のコメント
今のコンディションについては良いと思っています。精神的にも肉体的にも好調です。少し早い時期のロードレースシーズンインになりますが、ここ4年間は冬にトラックレースを走っていたので早い時期にレースを走ることに対しての心配はありません。
昨年11月のチームキャンプから初戦は1月末にあるとチームから告げられていたので、日本とイタリアで練習をしっかり積み重ねる事ができたと思っています。レースでの高い強度が入ることで日に日にコンディションも上がってくると思っています。昨年よりチームのみんなとの絆もより深まっているので、レースでの連携が楽しみです。
今年の初戦ですので、たくさんのことを収穫する大会にしたいです。応援よろしくお願いいたします。
マリオ・マンゾーニ監督のコメント
スプリンターのためのステージが5ステージ、厳しい山岳ステージが1ステージ、チームタイムトライアルが1ステージという構成になっており、総合争いではヴィンチェンツォ・ニバリ、スプリントでは、フェルナンド・ガリビアやエリア・ヴィヴィアーニなど世界のトップ選手がしのぎを削るだろう。しかし、自分たちも入念に準備をし、高いモチベーションをもって戦っていく。
そして、今回はクネゴとアレドンドが1つのチームとして戦う初めての機会。二人のコンビネーションがどのようなものになるか、とても興味深く思っている。しかし、今大会においてのチームリーダーはスプリンターのマリーニだと断言したい。彼は昨年11月の最終戦から、集中して準備をしてきて、仕上がりもとても良い。またチームタイムトライアルでは、窪木とスタッキオッティのパフォーマンスに期待したい。


●レース情報
35th Vuelta Ciclista a la Provincia de San Juan(ブエルタ・ア・サンフアン)
開催期間/2017年1月23日〜29日(全7ステージ)
カテゴリー/UCIアメリカツアー2.1
開催国/アルゼンチン(日本との時差 マイナス12時間)
第1ステージ 1月23日 San Juan › San Juan (142.5km/平坦ステージ)
第2ステージ 1月24日 San Juan › San Juan (128.8km/平坦ステージ)
第3ステージ 1月25日 San Juan › San Juan (11.9km/個人タイムトライアル)
第4ステージ 1月26日 San Martín › San Martín (160.5km/平坦ステージ)
第5ステージ 1月27日 Chimbas › Alto Colorado (162.4km/山岳ステージ)
第6ステージ 1月28日 Pocito › Pocito (185.7km/平坦ステージ)
第7ステージ 1月29日 San Juan › San Juan (138.2km/平坦ステージ)