【2021/11/7】ジャパンサイクルリーグ第10戦 那須塩原クリテリウム スパークル沢田選手優勝!キナン中島選手3位入賞

2021年11月7日(日)に栃木県那須市、那須塩原駅西口駅前通り特設コースにて「三菱地所 JCL プロロードレースツアー2021 第10戦 那須塩原クリテリウム」が開催された。

PHOTO:JCL

1.8kmの周回コースを25周する45kmで開催されたレースは、12人による集団スプリントとなり、最後はiRC TIREサポートチームであるスパークルおおいたレーシングチームの沢田桂太郎選手が優勝した。

スパークルおおいたレーシングチーム 沢田桂太郎選手  PHOTO:JCL

また、本戦を待たずしてツアーの年間総合ランキングとして、個人総合優勝を確定させていた山本大喜選手、山岳賞を獲得していた山本元喜選手を擁するキナンサイクリングチームの中島康晴選手が、本レースで3位に入賞した。

3位入賞 中島康晴選手(写真右)  PHOTO:JCL

2年ぶりの開催となった那須塩原クリテリウムは、東北新幹線も停車する JR 那須塩原駅の西口駅前通りを、大胆に閉鎖して行われる公道レースだ。ホームストレート後方には駅舎が見えるという、絶好のロケーション。 最終2連戦は久々に人数制限のない有観客で行われ、緊急事態宣言が明けたことで、各地から 2000人もの観客が訪れて会場はにぎわいを見せた。

今回スタートラインに立ったのは9チーム52人の選手。序盤からさまざまな選手が抜けだしを狙いアタックをかけるが決まらずレースは推移した。

10周目にはスパークルおおいたレーシングチームの黒枝咲哉選手が最初のスプリント賞を獲得。

PHOTO:JCL

14周目には、きつい展開に持ち込む作戦のキナンサイクリングチームがチーム全員で隊列を組み集団のペースコントロールを実施。今季のキナンサイクリングチームはチーム力を生かして、各選手の波状攻撃で集団を破壊するレースが多かった。しかし最終戦では高いチーム力を異なる形で生かした、横綱相撲のレースぶり。ツアーリーダーのイエロージャージを着る山本大喜選手もアシストに回り、主にホームストレートを強力にけん引。 15 周目、さらに 20 周目のスプリント賞は、山本選手がこの流れで先頭通過し獲得した。

PHOTO:JCL

集団はその後も数人が脱落し、ファイナルラップに入った時点で16 人。ここでキナン勢の後ろに付けていたスパークルおおいたレーシングチームが一気に先頭へと上がり、さらにスピードアップを開始した。

集団後方だった宇都宮ブリッツェンも、増田成幸選手が引っ張って前方に上がり、ゴールスプリントに向けての位置取りの駆け引きが始まった。
最終コーナーを先頭で回ったのは小石祐馬選手(チーム右京相模原)。しかし チームメイト が後ろに付けておらず不発の動きに。ラスト 300m のメインストレートは孫崎大樹選手(スパークルおおいたレーシングチーム)が先頭に立って、集団をトップスピードまで加速する。

孫崎選手の番手に付けたのはキナンの中島選手、その後ろにスパークルの沢田選手、宇都宮ブリッツェンの小野
寺玲選手が続いた。ラスト 200m を目印にスプリントを開始したのは小野寺選手。これに合わせる形で沢田選手も加速を開始。中島選手も含めた 三つ巴 のゴール勝負に競り勝ったのは沢田選手。第 4 戦の広島クリテリウムに続いて、今季 2 勝目となった。

最終スプリント  PHOTO:JCL

優勝した沢田桂太郎選手(スパークルおおいたレーシングチーム)のコメント

PHOTO:JCL


「最初から最後までしっかりチームが機能していて、中盤はキナンサイクリングチームがコントロールしてくれて、僕らにとってはいい展開でした。最後まで気は抜けなくて、キナンの後ろでチームがまとまって、(孫崎)大樹さんが司令塔になって(宮崎)泰史が働いてくれ、みんなが働いてこの結果にたどりつけたんだと思います。 チームメイト がいるというのはすごく心強いし 、最悪僕でなくても勝負できる人はいるし、気持ちに余裕ができて、最後いいスプリントにつながったんだと思います。

【リザルト】
那須塩原クリテリウム
45 km 平均速度 41.79 k m/h
1位 沢田桂太郎(スパークルおおいたレーシングチーム) 1 :04′
2位 小野寺玲(宇都宮ブリッツェン) +0 00
3位 中島康晴(キナンサイクリングチーム) )+0 01
4位 石原 悠希 (チーム右京相模原 )+0 01
5位 本多晴飛 VC 福岡 ))+0 01
6位 孫崎大樹 (スパークルおおいたレーシングチーム )+0 01
7位 山本大喜 (キナンサイクリングチーム )+0 0 2
8位 宇賀 隆 貴 (チーム右京相模原 )+0 02
9位 増 ⽥ 成幸 (宇都宮ブリッツェン 0 05
10位 新城雄大 (キナンサイクリングチーム 0 06