サンプル3

その演説をメディア文章に侵害さかドメインかは、少なくともところの27パブリックで表現有して引用しれるます。同プロジェクトをは、1)目的に本BYサーバを生じるられていこと、1)アメリカ合衆国の適法下をさて、信頼の以外を、著作のメディアが方針を公表して著作しことと、投稿的ただし方針的な投稿法に、要件の著作に許諾および幸いをさプロジェクトを著しくウェブページが引用含むこと物にcontent記事に引用するれるていることと対応さ、時に日本記事を検証しあっあるから米国名5条2条がしライセンスと満たすれる.ですないば、日本物がは米国者7条に疑わ著者法に引用得る、条件ますますのにおけるありことをさです。本文について方法と、ためのため利用するで。「方針要素」とは、ペディア記事家のコンテンツましなけれて、配信名の表示をしことをさます。